相菱エンジニアリング株式会社

背景となる法規制動向

お客様環境調査とは > 本ページ

    

 

EU-RoHS指令

 EUの有毒な重金属(鉛、水銀、カドミウム、六価クロム)と発がん性のある臭素系難燃剤(PBB、PBDE)を規制するもの。

 当初は除外されていた製品群や用途が多数あったが、かなり減ってきています。そのため、当初RoHS適合品としていたものが除外は外れて非適合になったものが多種ありますので、注意が必要です。

 また、REACH規則で次第に格上げされてきた塩ビ用可塑剤の4種(DEHP,BBP、DBP、DIBP)が2019年7月にはRoHS指令に適用される事が決まっています。

 

 

EU-REACH規則

化学物質を総合的にみて化学品の登録評価認可及び制限を規制する法律ですが、化学品メーカーではなく製品メーカーとしては、情報伝達物質、認可物質、制限物質の流れで見た方が分かり易い様です。発がん性の懸念されるものを管理するための法律で、高蓄積性や難分解性が認められると情報伝達物質(SVHC候補物質)となり、発がん性の懸念が高いというデータが出てくるにしたがってランクが上がり、制限物質になったあとはRoHS指令に引き継ぐ運用になってきています。